40代になってハリがないと悩んでいる方におすすめのクリーム

40代になるとどうしても肌が下がってくる

ある程度の年齢になってくると、自分では昔と変わっていないつもりでも、いつの間にかちゃんと年相応に老けて見えるようになってきます。


その原因というのは年齢とともに肌のハリが無くなって、全体的に皮膚が下がってくるからです。


赤ちゃんの肌を見てみると分りますが、体型としては太っている部類に入るのに、成人で肥満の方の表情に比べると、明らかにハリがありますよね。


だから、お肌にハリがあるかどうかというのは若々しく見せるためにもとっても重要な事なのです。


しかし、40代くらいになると急激にハリが無くなったと感じてくるものです。


もちろん多少は仕方がない事なのですが、ここであきらめて何も対策をしないと、この後の50代〜60代で雲泥の差が付いてしまいます。


そのため、どうしてハリが無くなるのかという原因をしっかりと理解して、対策として適したスキンケアを今から取り入れていくべきなのです。

どうしてハリがなくなる原因は?

40代で肌のハリがなくなる原因としては、主に


  • 表情筋の衰え
  • コラーゲンの減少

が挙げられます。


表情筋は真皮とくっついていて、表情筋を鍛えることで真皮のたるみなどを軽減することができます。


大きく口を開閉したり、口角を上げたり、目を見開くなどすることで、表情筋を積極的に動かすことができます。


表情筋は筋肉ですから、加齢によって衰えてしまうのはしょうがないことです。


むしろ、普段のケアによって差がでてくるのはお肌のコラーゲンの減少の方でしょう。


私たちの皮膚の内部にはコラーゲンと呼ばれるたんぱく質の一種があって、このコラーゲンが網のように張り巡らされることで肌の弾力を保っています。


しかし、このコラーゲンは20歳を過ぎるあたりから少しずつ減少していきます。


コラーゲン減少の原因は、加齢だけでなくのほかに過度なダイエットや偏食などによる栄養の偏り、そして紫外線などの影響も強く受けます。


紫外線は「コラーゲン」と「エラスチン」という肌のハリを保つ繊維を壊す酵素を増やします。


このように、加齢とともに肌の細胞を作り出す機能が衰えたり、紫外線によるダメージが蓄積していくために、加齢によって皮膚の中のコラーゲン量が減少し、40代頃になってハリが失われたと感じるようになってくるのです。

どのような対策をすればいいの?

ハリガ無くなってきたと感じている方は多いと思いますが、いったいどのように対策をすればいいのでしょうか?


先ほども言ったように、主な原因は「表情筋の衰え」と「コラーゲンの減少」です。


よって、理想としてはどちらも防ぐことができればいいのですが、さきほども言ったように筋力の衰えは仕方がありません。


もちろん表情を動かす運動などをするのもいいのですが、それよりはお友達と楽しく話して毎日笑いながら過ごす方が効果的でしょう。


日頃からそのような生活をしているならいいですが、急にワイワイ楽しく過ごせと言われてもできるものではありません。


そこで、やっぱりスキンケアが大事になってくるわけです。


主なケア方法としてはコラーゲン現象の直接の原因である「紫外線対策を徹底すること」と、コラーゲンのもとになる「アミノ酸」を使ったスキンケアを行うのがよいでしょう。


紫外線対策についてはここで特に言う必要もないと思いますが、できるだけ長袖などを着て皮膚を直射日光に当てないこと、または日焼け止めを常に塗ることですね。


紫外線は夏だけの問題と思いがちですが、実は肌の内部に入り込んでコラーゲンを減少させる光は1年中降り注いでいます。ただ、夏場の紫外線と違って短期間でのダメージが少ないだけで、年中蓄積されていくものなのです。


そして、スキンケアとしては失われたコラーゲンをしっかりと補うことができればいいのですが、コラーゲンは分子が大きいために外側から塗っても浸透することができません。


しかし、コラーゲンのもとであるアミノ酸であれば分子が小さいので角質層に浸透することができるのです。


この技術をうまく利用したのが味の素のジーノという化粧品です。


40代でハリガ無くなってきたと感じる方は、ぜひ食品の開発で培ったアミノ酸の技術をふんだんに使った味の素の化粧品の使用を検討してみて下さい。

アミノ酸スキンケアなら 紫のクリーム モニター募集!味の素ジーノ化粧品!(TOPページ)